Back to top

Sensor Types - JP

single point profile sensors image

シングルポイントプロファイルセンサー

シングルポイントプロファイルセンサーは、レーザー距離測定デバイスです。これらのセンサーは、三角測量原則に基づいて操作され、シングルレーザースポットをターゲットに投影します。 

シングルポイントセンサーは、部品が移動する方向に沿ってターゲットの輪郭のプロファイリングを行え、高速に移動するプロセスで変位を測定できます。これらのセンサーは、厚さ、高さ、表面の粗さを測定したり、閉ループコントロールのターゲットポジションを監視したりするのによく使用されます。

シングルポイントプロファイルセンサーは非常に高いサンプリングレート (最大 32,000 Hz) を保持していて、このため高速の操作を監視するのに理想的です。また、色や反射率が変わる表面のあるターゲットに迅速かつ自動的に対応することもできます。

マルチポイントプロファイルスキャナー

マルチポイントプロファイルスキャナーは、シングルポイントプロファイルスキャナーをシンプルに拡張したソリューションです。これらのスキャナーは、単一のパッケージの複数のレーザースポットを投影し、イメージングを行います。これにより、ターゲットがセンサーを通り過ぎて移動するに伴い、複数の個別プロファイルが提供されます。

機能面で見たとき、マルチポイントプロファイルスキャナーは、多数のシングルポイントセンサーを並べて取り付けたものと同等ですが、これらには多数の利点があります:

  • 複数のセンサーよりも通常、取得原価が低い
  • 取り付けがシンプルで、1 回の取り付けしか必要ない
  • 配線がシンプルで、単一のケーブルセットしか必要ない
  • 工場で事前キャリブレーション済み (レーザースポットをアライメント済み)

マルチポイントスキャナーは、色や反射率が変わる表面のあるターゲットに迅速かつ自動的に対応することができます。これらは、カッティングパスを最適化し、製造量を最大化するために、製材所の用途で主に使用されます。

multi point profile sensors image
line profile sensors image

ラインプロファイルセンサー

ラインプロファイルセンサーは、レーザー光の連続線を、センサーのカメラにより画像化されるオブジェクトの表面に投影します。カメラのレーザーラインの画像は、センサーを通り過ぎて移動するに伴い、ターゲット表面の断面プロファイルにマッピングされ、これにより高い密度の 3D 点群が生成されます。 

部品全体の 3D 点群は、寸法と体積の測定、ならびに意思決定を行うために使用されます。

スマートラインプロファイルセンサーは、内蔵測定ツールを提供し、3D データと同期されている非常に詳細な 2D の表面画像を生成することもできます。この後、表面の検査、ならびに文字やバーコードの認識のために、密度の高い画像が一般的な 2D 画像処理ソフトウェアで分析されます。 

スナップショットセンサー

スナップショットセンサーは青色 LED 構造化光モジュール (SLM) とステレオスキャニングテクノロジーを使用して、最大 5Hz の高速スキャンサイクルで高解像のフルフィールドスキャンを生成します。

青色 LED SLM は、ハードルの高い条件下でも、優れた周囲光イミュニティで高解像度のスキャニングを提供する高コントラストパターンを生成します。3D スナップショットセンサーは、リッチな 3D データビジュアライゼーションで、高い信頼性と再現性の結果を生み出します。

スナップショットセンサーは、静止ターゲットの 3D 測定のための工場オートメーション用途で幅広く使用されています。インラインとニアラインのオフライン測定の両方で使用されます。また、これらは、柔軟性の高い測定システムを作成するため、あるいはロボットガイダンス用途のために、ロボットと連動されます。

Snapshot Sensor
Learning Center image

スマート 3D の世界を発見する

最新の 3D テクノロジーコンテンツにご興味ありませんか? ディスカバリーセンターにアクセスして、業界における用途に関する注意、パンフレット、ケーススタディ、ファクトシート、ホワイトペーパーなどをご覧ください。