Back to top

How 3D Works - JP

レーザー三角測量の基礎知識

レーザー三角測量のセンサーはセンサーからオブジェクトの表面へレーザーパターンを投影し、カメラまたはレシーバーのアレイで表面を画像化します。プロセッサーがカメラで画像化されたレーザーの場所を特定し、センサーから表面への距離を計算します。 

三角測量のセンサーでレーザーが使用されるのは、小さく密度が高く、正確にフォーカスされた光線を効率よく生成できるためです。これにより、カメラの露出時間が削減され、オブジェクトモーションのぼやけが効率的に排除されるため、エラーも削減されます。

レーザー三角測量のファクトシートを入手 

laser triangulation image
LED structured light image

構造化光の基礎知識

構造化光 (フリンジ投影) は、オブジェクトに投影される 1 つまたは複数の光のパターンの反射を使用して、オブジェクト表面の 3D 点群を生成します。センサー内のステレオカメラは、最高の精度とセンサーの安定性を確保するために使用されます。 

優れた周囲光イミュニティで高解像度のスキャニングを提供する高コントラストパターンを生成するために、青色 LED の照明が使用されます。LED の照明は目に障害を与えません。レーザー安全性の規制に準拠する必要もありません。

構造化光のファクトシートを入手

ライン共焦点イメージング

LCI 技術は、横方向の色収差と呼ばれる光学方法に基づいています。センサーのトランスミッターが照射する白い光が、波長の連続スペクトルに分割されます。各波長は、垂直な焦点面を形成するために、センサーから一定の距離を確保した状態で、測定される表面にフォーカスされます。この技術は、シングルポイントとマルチポイントの形状のために同軸の設計で利用でき、ライン形状のために軸外の設計で利用できます。

ライン共焦点イメージング技術は、サブミクロンの解像度と高い測定速度を必要とする要求の高い用途の 3D トポグラフィー、3D トモグラフィー、2D 強度イメージングで使用されます。

ライン共焦点イメージングの概要をダウンロード

How 3D Works: Line Confocal
Learning Center image

スマート 3D の世界を発見する

最新の 3D テクノロジーコンテンツにご興味ありませんか? ディスカバリーセンターにアクセスして、業界における用途に関する注意、パンフレット、ケーススタディ、ファクトシート、ホワイトペーパーなどをご覧ください。