Back to top

Line Confocal Imaging

精度の高い 2D/3D スキャニングと測定を提供する特許取得済みの光学設計

ライン共焦点イメージング (LCI) 技術は、特許取得済みの光学計測技術で、微小スケールの寸法とトモグラフィーの構造を測定するために使用されます。

パンフレットを入手

Chromatic Confocal Imaging Technology

有色共焦点技術

LCI 技術は、横方向の色収差と呼ばれる光学方法に基づいています。センサーのトランスミッターが照射する白い光が、波長の連続スペクトルに分割されます。

各波長は、垂直な焦点面を形成するために、センサーから一定の距離を確保した状態で、測定される表面にフォーカスされます。この技術は、シングルポイントとマルチポイントの形状のために同軸の設計で利用でき、ライン形状のために軸外の設計で利用できます。

白い LED の投影

各 LCI センサーには、2 つのフロントレンズがあります。1 つはトランスミッター用で、もう 1 つはレシーバー用です。ライン共焦点センサーのトランスミッターでは、強力な白い LED が光源として機能します。光は、すべての可視波長が含んでいて、照明光学機器を通過します。複雑な光学アセンブリが、光を波長に分割し、各カラーの水平ラインをセンサーからの異なる距離でフォーカスし、焦点面を形成します。

Line Confocal Sensor White LED Projector
Line Confocal imaging Specialized Optics

特別なイメージング光学機器

スリットやプリズムなどのさまざまな光学エレメントを含んでいるレシーバーのイメージング光学機器で、各水平ラインから波長や強度データを収集し、データをスペクトルカメラに転送します。カメラでは、各データポイントの主波長と最高強度の情報に基づいて、CMOS アレイが形成されます。センサーのレシーバーに反射される主波長は、トランスミッターと各測定ポイントの間の距離により異なります。

焦点面全体がレシーバーに反射され、センサーが何千もの測定ポイントを一度に分析します。2D と 3D の画像は CMOS データに基づいて作成されます。

ライン共焦点イメージングのメリット

 

  • 分析には追加のフィルター処理は必要ありません。イメージングは未フォーマットのデータに基づいて行われるため、表示されるものが測定されます。
  • 任意の色の組み合わせを測定できます。マット、光沢、ダーク、ライトなどです。
  • すべての表面タイプを測定できます。ミラーのようなもの、光沢、透明、半透明、曲線、凸面、凹面、ソフト、壊れやすいもの、穴のあいたものなどです。
  • 高速イメージングのために研究所レベルの解像度と精度を提供
Advantages of Line Confocal Imaging
Line Confocal Imaging Applications

ライン共焦点イメージングの用途

ライン共焦点イメージング技術は、サブミクロンの解像度と高い測定速度を必要とする要求の高い用途の 3D トポグラフィー、3D トモグラフィー、2D 強度イメージングで使用されます。

LCI 技術の最もよく利用される用途は以下の通りです:

  • 曲線エッジの携帯電話ディスプレイの測定
  • 透明および非透明の表面の粗さの分析
  • マルチレイヤーコンポーネントの欠陥の検出
  • さまざまな業界におけるオフセット、ステップの高さ、レイヤーの厚さ、エアギャップ、クリアランス、距離、角度、面積、容積、共面性の分析
  • 金属工業のバリ高さの分析
  • 医療パッケージのシール完全性の分析
  • 印刷、ハイブリッド、柔軟性、有機の電子装置のさまざまな分析
Learning Center image

スマート 3D の世界を発見する

最新の 3D テクノロジーコンテンツにご興味ありませんか? ディスカバリーセンターにアクセスして、業界における用途に関する注意、パンフレット、ケーススタディ、ファクトシート、ホワイトペーパーなどをご覧ください。