Back to top

Part Manufacturing Inspection - JP


 

検査のストーリー全体を読んでください。

Gocator® 3D スマートセンサーを使用して特定のインライン検査用途を解決する方法に関する詳細な適用の説明ならびに業界の洞察があります。

パンフレットをダウンロード 

FactorySmart® Inline Inspection

FATORYSMART® の利点

ハイファクトリー IQ。インライン用に設計。
Use any browser to connect to a Gocator sensor

工場の現実:

複雑で時間のかかるシステムのセットアップ

Gocator ソリューション:

Web 対応テクノロジーと効率的なオールインワン設計

  • 任意の Web ブラウザで Gocator センサーに接続します。
  • トリガー、露出、解像度、部品検出、フィルタリング/ギャップ充填を高度にコントロールして、オブジェクト/特徴のスキャンを生成します。
  • 完璧な幾何学的計測のための内蔵ポイントアンドクリック測定。
  • イーサネット/IP インターフェイスが組み込まれており、合格/不合格の判断を工場の設備 (ロボット、PLC、またはダイレクト I/O) に直接伝達します。

⬡ さらに見る

High speed point profiling

工場の現実:

インラインプロセスでの高速移動部品

 

Gocator ソリューション:

高速 3D プロファイリング

内蔵プロファイルモードは、高速範囲データをスキャン対象部品のプロファイルに結合することにより、高密度の 3D データを生成します。これにより、オブジェクトジオメトリの寸法記入と検査のためのツールを簡単に適用できます。

⬡ さらに見る

Anchoring and part matching

工場の現実:

インラインプロセスでの部品の形状と位置の変動

Gocator ソリューション:

固定と部品マッチングにより、高いゲージの反復性と再現性 (GRR) を実現します。

  • 内蔵アンカーは、センサーの視野内の部品の動きを追跡し、部品の高さと位置の変動を補正します。
  • 部品マッチングは、Gocator の組み込み測定ツールを適用する前に自動的に再調整を実行します。これにより、部品を機械的に再調整する必要がなくなります。

⬡ さらに見る

Rotating_Cube

3D が必要な理由 - 形状測定

2D とは異なり、3D 測定は、重要な情報を追加するジオメトリデータが生成され、部品が主要なアセンブリに適合しているかどうか、
および合格/不合格の決定のフィットと仕上げ許容範囲を満たしているかどうかが判断されます。

さらに詳しく